同一の電話番号がでてきました。

同一電話番号から電話を頻回に電話をうけていたりその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度ミスないと思われます。

そういったことが見うけられたらその電話番号の相手を調べればいいのですね。

ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手と電話をしたあとに着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているという事もありますね。

探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

心から信用のできない人間と一生供に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。

成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。

そのように考えると、成功報酬の方が、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。

調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明りょうな料金システムを採用してる探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。

相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めます。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うのが当たり前だからです。

今やメール、または、LINEなど各種の方法で連絡を取ることが多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。

ふとした時に電話している可能性は十分考えられます。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。

コドモがいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚とは、そう簡単にする事ができないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、やくそくをしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査をすることだと思います。

調査ときくと大変そうに聴こえますが、そんなことはありません。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。

毎日、仕事に出る時間、帰宅時間、だれかと電話をしているようなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いるというケースが殆どですが、これは誰でもネットなどで購入できます。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

探偵の浮気調査の場合でも毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、成功しないことがごく稀にあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともありますね。

加えて、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠を掴みきれません。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても夫婦生活を続けていきたいのであれば密会の場面に行こうとするのはするべきではありません。

浮気が発覚したことで相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になるかもしれません。

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと大きなストレスになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です